main_image

観光案内

main_image

島巡り

31

竹生島・宝厳寺巡り

淡いエメラルドブルーの湖面に浮かぶ緑に包まれた霊場。竹生島宝厳寺は、神亀元年(724年)聖武天皇が、夢枕に立った天照皇大神より「江州の湖中に小島がある。その島は弁才天の聖地であるから、寺院を建立せよ。すれば、国家泰平、五穀豊穣、万民豊楽となるであろう」というお告げを受け、僧行基を勅使としてつかわし、堂塔を開基させたのが始まりです。それ以来、天皇の行幸が続き、また伝教大師、弘法大師なども来島、修業されたと伝えられています。豊臣秀吉との関係も強く、多くの書状、多くの宝物が寄贈されている。慶長七年(1602年)には、太閤の遺命により、秀頼が豊国廟より桃山時代の代表的遺稿である観音堂や唐門などを移築させている。

お問合せ

お問合せ
TEL:0749-22-2742
http://www.hikoneshi.com/
琵琶湖オーミマリン
http://www.ohmitetudo.co.jp/marine/
32

多景島巡り

琵琶湖に浮かぶ島のひとつ、多景島は、見る角度によって様々な島影を見せることからその名が付けられたと言われています。島には日蓮宗のお寺「見塔寺」があり、題目岩に刻まれた「南無妙法蓮華経」の大きな文字が一際、目を引きます。かつて井伊大老暗殺、桜田門外の変のとき、その岩肌から赤い鮮血をにじませたという伝説が残されています。

お問合せ

お問合せ
琵琶湖オーミマリン
http://www.ohmitetudo.co.jp/marine/
33

沖ノ島(沖島)

近江源氏の流れをくむ源 満仲の家来7人が住み着いたと伝えられる。今でも「南・北・小川・西居・久田・茶谷・中村」の姓が多い。近江八幡国民休暇村との間の沖ノ島(沖島)水道は航行禁止水域となっていますが水道の中央部のみ7ノット以下の速度で航行できます。また沖島港へのプレジャーボート・ヨットの入港はできませんが、港外の山甚水産に横付けして、琵琶湖特産の各種魚介類の佃煮等を購入することができます。

お問合せ

【沖の島】滋賀賢小型船協会
http://www.kogatasen.com/

(公社)びわこビジターズビューロー