main_image

観光案内

37

歴史を巡るおすすめコース 【井伊家をめぐる編】

【龍潭寺】 → 【彦根城博物館】 → 【彦根城】 → 【多景島】 → 【天寧寺】 → 【埋木舎】

36

龍潭寺

井伊家の菩提寺で、奈良時代行基(ぎょうき)によって静岡県井伊谷に開基されています。

彦根城博物館

関ケ原の戦いで井伊の赤備えと呼ばれ、恐れられた赤い甲冑(かっちゅう)などの武具や書画などが保管展示されています。

彦根城

初代藩主井伊直政より第14代藩主井伊直憲に至るまでの260年間、1度の国替えや城攻めもなく、いまなお彦根の象徴とされています。

多景島

井伊大老暗殺、桜田門外の変のとき、その岩肌から赤い鮮血をにじませたという伝説が残されています。

天寧寺

井伊直弼の供養塔が建ち、桜田門外襲撃された際の「血染めの衣装」が収められています。また井伊直弼公の好みで作られた石州流庭園も見どころです。

歴史を巡るおすすめコース 【織田信長をめぐる編】

関ケ原の戦いで井伊の赤備えと呼ばれ、恐れられた赤い甲冑(かっちゅう)などの武具や書画などが保管展示されています。

35

安土城址

天正4年(1576)京から徒歩で1日半の距離にある安土山に約3年の年月を要して築城させましたが、天正10年6月2日信長は本能寺に倒れると安土城は織田軍と明智軍との戦いの中で炎上しました。

安土城考古博物館

城郭のコーナーは充実していて、廻ると城郭というものを分かった気がしてきます。城の成り立ちなど模型を中心に分かりやすい構成。織田軍団の3間半の槍のレプリカが、その長さを実感させます。

信長の館

安土城天主5・6階部分(上2層分)を原寸大に復元されたものが展示されています。

多景島

井伊大老暗殺、桜田門外の変のとき、その岩肌から赤い鮮血をにじませたという伝説が残されています。

安土町城郭資料館

1/20の安土城天主が真っ二つに割れ、中の構造がよく見えるようになっている模型があります。他に安土城天主の内部を説明するビデオ、幻の城「安土城」再現が資料館内で流れています。

(公社)びわこビジターズビューロー