閉じる

Japanese | English

法事

しめやかにに心温かに、
故人を偲ぶひととき

やす井では各宗派共通のお仏壇をご用意しておりますので、
当館でご法要から僧侶の手配やお食事までご利用いただけます。
ご法要・お食事ともに個室イス席にてご用意いたします。

法要

法要

Buddhist memorial service

ご利用料金
僧侶 ご法要(2時間まで) 会席
¥55,000
僧侶へのお布施も含みます。
¥33,000
お食事利用の方 9:30~12:00
         15:00~17:30 
持帰り利用の方 12:00~15:00
昼席 11:30~15:00
夜席 17:30~21:00
ご利用料金
ご住職 ¥16,500
ご法要
(2時間まで)
¥22,000
9:30~17:00
会席 昼席 11:30~15:00
夜席 17:30~21:00

お食事のご案内

法要でお食事又はテイクアウトご利用いただけます。内容はご相談ください。 »お食事のご案内はこちらから

テイクアウトのご案内

法要でお食事又はテイクアウトご利用いただけます。内容はご相談ください。 »お食事のご案内はこちらから

ご法要について

「法要」とは故人の冥福を祈り、仏様を供養するという意味の仏教用語で、これを追善供養ともいいます。法要は故人を偲び、冥福を祈るために営むもので、故人が設けてくれた人と人とのご縁やつながりを再確認し、故人への感謝の思いを新たに、自分自身を見つめ直す場でもあります。

亡くなった日を数えて七日目を初七日と呼び、以降、七日ごとに、二十七日、三十七日・・・七十七日(四十九日)となり、七十七日で忌明けとなります。

現在では、会場や会食などの手配やお寺や参列者の連絡といった準備が大変なので、初七日と四十九日だけを行い、簡素化することが多くなりました。四十九日の後は、亡くなってから百日目の百カ日法要ですが、最近は、身内だけで済ませることが多くなっています。

法要を営む日

◎ 初七日・・・死後七日目
◎ 七十七日・・・死後49日目
◎ 百ヶ日・・・死後100日目
◎ 新盆・・・死後初めて迎えるお盆
◎ 一周忌・・・死後満1年目
◎ 三周忌・・・死後満2年目
◎ 七周忌・・・死後満6年目
◎ 十三回忌・・・死後満12年目
◎ 十七回忌・・・死後満16年目
◎ 二十三回忌・・・死後満22年目
◎ 二十七回忌・・・死後満26年目
◎ 三十三回忌・・・死後満32年目
◎ 三十七回忌・・・死後満36年目
◎ 五十回忌・・・死後満49年目
◎ 百回忌・・・死後満99年目

※粗供養の手配も承っております。
※市内送迎も承ります。
※ご法要のお席もご用意いたします。
※ご予約のお客様には送迎バスをご用意いたします。
※その他の希望に合わせてご用命を承っております。
※地域、宗派、および個々の事情によって異なる場合もあります。

法要に関するお問い合わせ
tel.0749-22-4670
(9:00〜21:00)
新着情報 Facebook Instagram お食事処しる万 旅行代理店の方へ
Page top