滋賀県の旅館なら彦根城に近い創業明治2年老舗料亭旅館やす井の女将ブログ

空室検索・宿泊予約
Close

女将Blog

女将Blog

衣替えの季節

2014.06.01

今日から水無月

こんにちは。女将の安井でございます。

仕事柄、毎日着物を着て生活しておりますが着物はみなさん

後始末が大変だったり柄合わせが難しいと言われたりいたします。

でも少しでもきものに親しみをもっていただいてきもの着てみたいと

思ってもらえるといいなと日々そう思いながら着物を着て過ごしています。

今日のきものは薄黄緑色の単衣の紬に川島織物さんの夏帯、

鶸色の帯締めを合わせてみました。

新緑が一段と深まってきたお庭

夏の日差しが木漏れ日となって気持ちいいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

伊豆高原part2

2014.05.31

先日、伊豆高原に行ったもう一つの理由があるお方にお会いしたかったから。

きっと食通できっとお話しても楽しいだろうと思いを寄せて会いに行きました。

予想的中!

お料理に器にお飲み物にとてもとてもこだわったお宿です

夕食のより

 

お味付けもとてもよくて食材の新鮮なことに流石だな~と感心いたしました。

お飲物のチョイスが素晴らしいですね。

色々とすごく勉強なさっていてごく自然

それから食通の方にはたまらないお宿の楽しみが 朝食

今まで寄せていただいた中でもトップです。

鮑のあんかけ  鮑と肝を吉野葛で熱々に

こだわりにこだわった土鍋で炊いた白ごはんにたっぷりかけていただきます。

この鮑の熱々を楽しみに来られるリピーターさんが多いとか。

そうだと思います。

私もリピーターになりたいと思いましたもの。

でもね、この夢心地もつかの間・・・

実は店長さん本日でお辞めになられるの。

淋しいやらもったいないやらなんとも複雑な気分

たった一度しか会っていない店長さんなのに

同じ宿を経営いている私の心の中はもやもやと。

スタッフのみんなの顔が浮かぶ。

でも店長さんに会えたこと心から感謝してる。

ありがとう。お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊豆高原

2014.05.25

こんばんは。

先日どうしてもお会いしたかった方に会いに伊豆高原に行ってきました。

半分勉強、半分趣味?な感じで行ってきました。

というのも気になるタイ料理のお店と鰻屋さんに行きたかったんです。

食べることが趣味の一つなので。

お会いしたかった方にも会えて観光にも連れて行っていただいて。

まず、タイ料理のお店のエビパンどうしても食べたくてお宿の夕食の後

食べに連れて行っていただきました。

(お宿のお話はまた後日に)

 

おなか一杯だったんですが的が的中です。

トムヤムクンも私にぴったり合うお味。

また、行きたいお店です。

翌日は歌詞を見なくても歌える天城越えの浄蓮の滝に

観光に行きました。

その後早い目の夕食。。。

小田原の友栄さんの鰻

うな重はふわふわの鰻にたれの加減が甘すぎずちょうどです。

こちらの白焼きはもちろんわさび醤油であと

蕗味噌を付けても美味しかったですよ。

そんな訳でまる二日間食べ通しの伊豆高原でしたが

次回お話するお宿のお料理がすごくよくいい勉強になり

うっとりとしながら我が家へ戻って参りました。

 

 

 

 

 

 

 

お香の会

2014.05.24

私どもから車で40分行ったところに紅葉の名所 教林坊 という

白洲正子さんが愛したお寺があります。

そちらでお香の会がありました。

今回は五月にちなんで節句がお題です。

鯉が瀧をのぼって龍となす 男の子の節句です。

三級波高魚比龍  中国の言葉で三つの瀧をのぼりきってこそ

龍となれる。登竜門…関門を乗り超えてこそ出世できる。

といったお話を聞きながらお香を聞いていきます。

今回は素人の私に難しかったんですが楽しいひと時を

過ごさせていただきました。

 

 

この日のお菓子は鯉のぼりにちなんで吹き流しの生菓子でした。

最後に陰陽五行説に終わりました。

この世のすべては相乗効果で成り立っているとのこと。

何事にも感謝していこうと改めて精進したひとときでした。

 

 

 

 

 

 

ちょっぴり探索

2014.05.17

先日、久しぶりに近江八幡へ出かけてきました。

実はとても気になるお店がありまして。

水郷をゆっくりと進む屋形船、のどかな風景の中に

古民家を少し改装して甘党のお店が一年ほど前に開店しました。

お店のお名前は 逢茶 あまな 

近江八幡の超老舗の和た与さんがされています。

八幡名物のでっち羊羹・うゐろ餅で有名です。

大好物のうゐろ餅がなんと天ぷらになっていました。

熱々の揚げうゐろにソフトクリーム添え

信楽のお煎茶を別注文していただきました。

また一服しに行きたいお奨めのお店です。

ちょっと遠いけど。。。

 

追伸

横目でちらっとお隣さんをチェックしましたら

ランチメニューの手作りサンドイッチを召し上がっておられました。

次回は是非いただきたいです。

3 / 1912345...10...最後 »
  • ご婚礼
  • ご法要
  • 彦根城観光
  • お食事処しる万
  • お食事プラン
  • リピーターのお客様へ
ご予約・お問い合わせ TEL 0749-22-4670
ご予約・お問い合わせ TEL 0749-22-4670
メールでのお問い合わせ
  • 料亭旅館やす井 女将Blog
  • やす井のお土産
  • 旅行会社様へ
  • facebook

ページの先頭へ